進路指導の先生・
保護者のためのガイドとは

進路指導の先生・保護者のためのガイドでは、短期大学の特徴や学べること、入試・入学方法、進学に必要なお金の話、そして卒業後の進路など、お子様や生徒と一緒に進路を考える際に役立つ様々な情報を提供しています。

短期大学とは

短期大学は、修業年限が2年または3年(看護・医療系)制の学校教育法第1条に基づく大学です。その数は300校以上にのぼり、三大都市圏だけでなく全国の様々な都市にも数多くある、地域に根差した大学です。

短期大学の教育

短期大学では、少人数制教育により一人ひとりの個性と進路に合わせた指導が行われています。小規模という特性を生かした教職員と学生の距離が近く、学費や健康の悩みなど様々なことを相談できる体制が整っています。

短期大学への入学方法

AO入試や推薦入試、一般入試など、短期大学に入学するには様々な入試制度があります。それぞれの入試の方法をチェックし、お子様や生徒が短期大学に円滑に入学できるようサポートしましょう。

短期大学の学費・生活費

私立短期大学の学費は2年間で約198万円。これは4年制大学の半分以下の学費です。また、生活費なども節約でき、トータルコストに優れています。経済的に短期間で学びたいという学生に向いています。

卒業後の進路と就職

短期大学では、さまざまな国家資格・免許や民間資格を取得できます。また、正社員での就職率や地元企業への就職率が高いのが特徴です。短期間で社会に出て活躍できます。

国際的に活躍できる人材の育成

「短期大学士」の学位は国際的に認められており、海外への進学や留学、海外企業への就職などで役立ちます。卒業後は地元だけでなく、世界でも活躍するチャンスがあります。

短期大学選びの参考情報

認証評価制度に
よる教育の質の保証

全ての短期大学は、文部科学大臣が認めた認証評価機関である「短期大学基準協会」などの認証評価を定期的に受けることが法律で義務づけられています。