「ホームカミングデー」

「ホームカミングデー」

10月22日(土)、3年ぶりの「対面開催」となった聖翔祭とともに、保育学科卒業生が来学する「ホームカミングデー」も、3年ぶりに開催されました。

感染対策のため、短めの時間ではありましたが、ともに学んだ仲間や先輩・後輩、教員と、あちこちで昔話に花が咲き、あっという間に時間が流れた1時間。
終了後も、学内は、たくさんの懐かしい声と、顔と、風景であふれていました。

今、コロナ禍も含め、様々な対応が求められる保育現場の最前線で、がんばっている、そして楽しんでいる卒業生たちに敬意と感謝を表しつつ、教職員も、たくさんのエネルギーをもらうことができました。

今回は、聖翔祭の入場制限もあり、2019年度~2021年度卒業生限定での開催となりましたが、来年度以降、また、たくさんの卒業生にお会いできることを楽しみにしています。

◎卒業生からのメッセージを動画(4分半)にしました。ぜひご覧になってみてください☆

2019/09/02以前の掲載記事については、各短大HPからご覧ください。