【医療秘書学科】第1回「卒業生講話」を実施しました!

【医療秘書学科】第1回「卒業生講話」を実施しました!

医療秘書学科では、毎年1・2年生を対象に、「卒業生講話」を行っています。病院に入職してからどのような仕事をしているのか、短大で学んだことがどのような場で生かされているのか、学生のうちに身につけておくべきこと等、学生にとっては大変興味深く参考になる内容を話していただいています。

第1回目は、平成31年3月に卒業された松永唯さんに講話をしていただきました。松永さんは、入職されてから医事課を始め、様々な部署を担当されて活躍されています。

講話では、病院の紹介、入職後の配属先・仕事内容、現在の担当業務等について、詳しく話しをしていただきました。

病院実習や就職活動についてもご自身の経験を基に話しをしていただき、講話後、2年生からは実習前や就職試験について体験談、1年生からは病院の事務の仕事内容は幅広いことを知ることができて良かった等の感想が出ていました。

特に本学で勉強している内容が業務の中でどのように必要なのかを話しをしていただき、学生も目的をもって更に学習に意欲的に取り組んでくれるのではと思います。

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。