【国際交流】ミャンマーの留学生とZOOM交流会を行いました

【国際交流】ミャンマーの留学生とZOOM交流会を行いました

7月16日(木)に新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、渡日できていないミャンマーの留学生1名と日本にいるミャンマーの留学生(大学生2名、短大生4名)、国際交流センターの職員とZOOM交流会を開催しました。

まずは参加者全員が日本語で自己紹介をし、続いて渡日できていない学生からの質問などを、現在日本にいる学生が自分の経験を元にアドバイスを行いました。また、新型コロナウィルスについて、ミャンマーの現在の様子や日本の現状なども話し合いました。その後、ゲームなどで楽しみながら交流を図りました。渡日できていない学生は、同郷の留学生と交流を持つ事により、より一層、早く日本に行きたいという思いが強くなったように感じました。また、日本で生活している留学生にとっても、現在新型コロナウィルスの影響で、思うように学校に通えなかったり、不慣れな環境で大変ではありますが、みんなで頑張ろう!と思うきっかけになり、とても実りのある交流となりました。

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。