【食物栄養学科】プレ給食実習を行いました

【食物栄養学科】プレ給食実習を行いました

1年生後期に開講される給食管理学実習では、実際に給食を作りキャンパス内の学生および教職員に提供(販売)します。

栄養バランスのよい食事づくりを業務的(大量)に行うのが給食実習で、給与栄養目標量にそった献立作成、専用の調理機器の使用、衛生管理に留意した調理作業、予算(1食350円)など様々な条件がある実習です。

まずは、給食実習室の施設設備、大量調理作業に慣れることを目的にプレ実習(70食)を行いました。

4グループが実施した給食メニューを紹介します。

 

10月16日(水) 1班:主菜材料が肉類のメニューです。

主食:ごはん

主菜:ハンバーグ・玉ねぎソース

副菜:野菜サラダ

汁物:ミルク入りスープ

デザート:りんごゼリー

主菜のハンバーグは、ヘルシーに仕上げるために豆腐を加えてボリュームを補い、油を使わずに焼きました。サラダ、野菜入りスープを組合せることで、約220gの野菜が摂取できます。

10月23日(水) 2班:主菜材料が魚介類のメニューです。

主食:ごはん

主菜:さばの南蛮漬け

副菜:おかか和え

汁物:具だくさん汁

デザート:さつま芋のオレンジジュース煮

 

主菜の南蛮漬けのさばは、揚げるのではなくスプレーオイルをかけてスチコンで焼き、ヘルシーに仕上げました。和え物、汁物を組合せることで、約150gの野菜が摂取できます。

10月30日(水) 3班:主菜材料が卵類・複合のメニューです。

主食・主菜:親子丼

副菜:ごま酢和え

汁物:豆腐のみそ汁

デザート:フルーツ入り牛乳かん

 

親子丼は主食(ごはん)と主菜(親子煮)が一緒になった料理です。卵とじの際に片栗粉を加え、フワ・トロに仕上げました。和え物と汁物を組合せることで、約150gの野菜が摂取できます。

 

 

11月6日(水) 4班:主菜材料が肉類のメニューです。

  主食:ごはん

主菜:串カツ

副菜1:けんちん煮(山口県の郷土料理)

副菜2:三色サラダ

汁物:みそ汁

デザート:フルーツ2種

主菜の串カツは、肉と野菜を組み合わせることでボリューム感があり、揚げずにスチコンで焼くことでヘルシーに仕上げました。副菜を2品揃えることで約190gの野菜が摂取できます。

実習室や食堂の様子

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。