中国料理基礎 2021 中華包丁

中国料理基礎 2021 中華包丁

食物栄養学科 栄養調理コース 1年生の「調理学実習Ⅲ(中国料理基礎)」をご紹介します。中国料理での基本的な切り方を学びました。

西洋料理、日本料理の基礎実習がひととおり終わった頃に、中国料理の実習が始まります。
今回は中国料理はじめての調理実習でしたので、包丁の持ち方、指の添え方、切るときの包丁の動かし方…から、中華包丁の研ぎ方まで学びました。
また、中国は広くて歴史も長いので、中国料理と言っても種類が多いです。北京・上海・四川・広東の中国四大料理についても説明がありました。
中国料理のスープを意味する”湯(タン)”の分類、実習後に提出するノートの書き方の説明も聞き、何も食べてないけどおなか一杯の内容でした。

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。