保育学科にとっての図書館

保育学科にとっての図書館

短大で、ほっとできる空間のひとつは図書館です。特に短大図書館には、柔らかい大型マットの上で絵本が読める窓際の絵本コーナー、有名アニメのDVDが楽しめる視聴覚ブース、おまけにテラスがあり、勉強する空間ながら、ゆったりした空気が流れています。
「100冊絵本」の課題では、内容の紹介やイラストを書くために、図書館に用意されている本に助けられました。
夏休み前には、実習先で読み聞かせに使う絵本や紙芝居を借りておきます。秋の“図書紹介文コンテスト”に応募する本も、一緒に探して読んでみます。
秋学期は、造形の課題のテーマ探しにも図書館を利用します。完成した作品を、図書館に飾っていただけるので、制作の励みになります。楽譜を見に来る人もいるそうです。

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。