保育食育プロジェクトでフィールドワーク

保育食育プロジェクトでフィールドワーク

保育食育プロジェクト「フィールドワーク『みちのくミルク工場』『佐々木農園』」

~生活科学科1年生「食物栄養専攻」「福祉こども専攻」~

「保育食育プロジェクト」の一環で、生活科学科の食物栄養専攻と福祉こども専攻の1年生が、宮城県大崎市にある、「みちのくミルク工場」と「佐々木農園」に、フィールドワークに出かけました。

食を目指す学生、保育を目指す学生、それぞれ、目指す職業は違っても、共通していえることは、「安全」「安心」して食を提供すること、「安全」「安心」して子どもが、自らの興味、関心に基づいて、自発的に遊びこめる環境を構成すること、つまり、「安全」「安心」を届けるためには、何よりも、人の「手間」が必要であることを学んだフィールドワークでした。

 

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。