学生会役員選挙も桜の聖母らしく

学生会役員選挙も桜の聖母らしく

 11月24日(火)に令和3年度の学生会役員を決定する『学生会選挙』が、本学のマリアンホール講堂で行われました。
今年はキャリア教養学科1年生8名、食物栄養専攻1年生1名、こども保育コース1年生1名の計10名が立候補しました。
 各候補者が、立候補した理由や抱負を演説しました。「高校時代の生徒会の経験を活かしたい。」「今まで人前に出ることは苦手だったが、学生会役員になることで自分を変えていきたい。」「授業で学んだSDGsの取り組みを実現するために学内にリユースボックスを設置したい。」「『やっぱり聖母って最高だね!』と言われる学校にしていきたい。」などなど、それぞれが自分の言葉で演説する本学らしい個性豊かで自主性を感じられる内容になりました。
投票は学生の選挙管理委員会のもと1・2年生全員が行いました。
 選挙により来年度の役員に選出された皆さん、桜の聖母短期大学の学生代表として、コロナ禍の前例のない状況のなかですが、学生生活の充実のために、みんなで頑張っていきましょう。

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。