屋上緑化プロジェクト「ルーフトップ・ラボ」を開始します。

屋上緑化プロジェクト「ルーフトップ・ラボ」を開始します。

戸板女子短期大学では屋上空間を有効活用した、学びの場の創出、魅力発信、社会貢献への取り組みを目的とした屋上緑化プロジェクトを開始いたします。

このプロジェクトでは、人や自然、社会との接点を持ち、リアルな学びを体験することで豊かな学生生活をおくることが期待されます。
また、地域と連携した環境貢献活動の場として新たな活用を行うことで、SDGsをはじめ社会や地域への貢献に繋がります。

プロジェクトの実施に向け、7階庭園、6階花壇を新たに「ルーフトップ・ラボ」と名付け、約200㎡の敷地を活かし、シロツメクサ等のワイルドフラワーの植栽、オーガニックコットンの収穫を目指したコットンガーデンの設置といった工事を実施いたしました。

今後は、ラベンダーやミントなどのハーブ、季節の野菜などを植栽し、美しいガーデンの形成を目指します。

ハーブや花が満開になるころには、ガーデンウェディングをはじめ、収穫時期を迎えた野菜を使用したメニュー開発、シロツメクサやコットンを活用したSDGsに関する取り組み、開放的な空間を活かした憩いの場の設置など、様々な可能性が期待されます。

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。