日本拳法サークルとNPO法人ISAが大学祭で異文化交流(模擬店を出展)

日本拳法サークルとNPO法人ISAが大学祭で異文化交流(模擬店を出展)

去る2023年10月28日(土)・29日(日)に開催された大学祭において、本学の日本拳法サークルと特定非営利活動法人「International Support Association(ISA)外国人とともに」が「バングラデシュカレー」の模擬店を出展しました。
 特定非営利活動法人「International Support Association(ISA)外国人とともに」は、日本で生活する外国人が文化や言語の相違から起きる問題に対して、その改善、解決のための支援をすることで、生活の向上を図ることを目的としています。特に社会格差等により貧窮生活にあるバングラデシュ人に対して、教育や経済面などの支援をしています。さらに、在日バングラデシュ人を中心にしたイスラム教徒(ムスリム)と日本人との交流を通して、イスラム文化の理解が深まることを望んでいます。また、子どもたちに対しては、日本と母国の文化の違いを理解し認め合うために、海外支援活動や母国語と日本語学習会を実施することで、世界平和の創造に寄与できる人材の育成もめざして、愛知県知立市・みよし市・豊橋市・豊川市を中心に活動しています。
 豊橋市での活動においては、本学学生たちがコラボする機会も多く、今回の大学祭においても、一緒に活動することになりました。模擬店で得られた売り上げについては、NPO法人ISAの活動に役立てていただければと思い、寄付させていただきました。