実践食物学科の卒業研究発表会が行われました。

投稿日:2019年2月8日

東大阪大学短期大学部

2019年2月1日(金)に東大阪大学短期大学部 実践食物学科の卒業研究発表会が行われました。

実践食物学科では11グループに分かれて、各10分間で口頭発表と質疑応答を行いました。

発表の内容は以下のとおりです。

 

1、喜ばれる大量調理向けレシピの開発及び演出方法

2、地域の特産物を使った商品開発(粉もん)

3、世界のカレーパンの開発

4、大阪産(もん)農産物を活用したレシピ開発

5、女子アスリートを対象とした実践的栄養指導法の検討

6、啓発イベント参加者における骨密度調査

7、食用油が食品容器に与える影響

8、食品の褐変防止法の検討

9、災害時における簡単レシピ開発

10、食用昆虫の啓蒙活動及びレシピ開発

11、納豆を使ったスイーツの商品開発

 

食物にかかわる様々なことに関して研究し発表を行いました。

2年間の学びの成果、成長を実感できる卒業研究発表会でした。

 

http://www.higashiosaka.ac.jp/news/7150/