栄養学科の栄養教諭 教職履修学生が「クリスマス 子ども料理教室」を開催しました

栄養学科の栄養教諭 教職履修学生が「クリスマス 子ども料理教室」を開催しました

栄養教諭の教員免許取得を目指す学生が、授業で企画した「クリスマス子ども料理教室」を2020年12月18日(金)に、近隣の学童クラブの児童を対象に開催しました。
今年度は、新型コロナウイルスの感染予防対を行ったうえで、作成した料理についても持ち帰りとなりましたが、とても喜んでいただくことができました。

 

このイベントは、授業を受講している学生たちが企画から運営までを行い、食育の実践方法について学ぶ機会として、毎年行っているものです。今年度は、食育クイズの後、学生たちが立案したクリスマスの献立「おにぎり、照り焼きチキン、小松菜とツナのコーンの胡麻和え、クリームシチュー、パウンドケーキ」を子供たちと一緒に作りました。
初めは慣れない様子だった子どもたちも、学生から手順を教えてもらいながら、楽しんで料理を作っていました。

 

終了後の学生の感想には、「自分たちが考えたメニューを児童が喜んで作ってくれて嬉しかった。」「調理前にあらかじめメニューを頭に入れておき、次に何を指示すればよいかを瞬時に判断できることが大切だと思った。」など、食育のやりがいや、指導する教員側の立場での学びを深めることができました。

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。