港区立赤羽小学校での英語教育サポートボランティアが始まりました。

港区立赤羽小学校での英語教育サポートボランティアが始まりました。

戸板女子短期大学 国際コミュニケーション学科「Teaching English to Children 3」の授業では、本学の小学校英語指導補助員資格の取得のため児童英語の実地体験として港区立赤羽小学校(宮﨑直人校長 港区三田1-4-52)の児童の前で英語教育サポートボランティアを行っています。

2年間の児童英語教育を知識だけで終わらせるのではなく、実地体験を通して自分のものにしていく試みです。令和2年10月より12月までの約3か月間、各クラス1名ないし2名の学生が、クラス担任の先生とALT(Assistant Language Teacher)の先生の英語教育補助(サポート)の役割を果たします。

これまで短大生の受け入れ先がなかったところを赤羽小学校のご協力をいただき、今回、実践の場をご提供いただきました。

参加学生は、この体験で様々なことを考え、自分の将来につなげていっているようです。

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。