調理コースが「日本料理特別授業」を実施

調理コースが「日本料理特別授業」を実施

調理・製菓学科 調理コースでは2019年11月25日(月)、1年生を対象に「日本料理特別授業」を実施しました。

特別講師として、2010年から9年連続でミシュランの星を獲得し,現在2つ星の「旬彩天つちや」の土阪幸彦氏と北村剛氏にお越し頂きました。吹田市江坂にある古民家を改装して作られた趣のある一軒家で、天麩羅に重きをおいた会席料理を提供されているお店です。

講習では土阪氏によるデモンストレーションが行われ、当日の食材の状態を見極め、天麩羅を揚げる際の火通しを加減するなど、その食材に合った取り扱い方や四季を感じさせる彩りの良い盛り付け方などをご指導いただきました。

 

《前菜三種盛り》
・法蓮草と白舞茸のお浸し
・柿の柚子なます
・鶏柔らか煮、近江こんにゃく、針金菜の胡麻和え

 

《揚げ物》
車海老の箕揚げ・鯛おかき揚げ・南瓜豆腐あられ揚げ・ぎんなん素揚げ

 

《御飯》
鮭、いくらご飯

学生たちは目の前でプロの技術を学び、直接の実習指導を受けることによって刺激を受け、料理に対しての関心と向上心がより高まりとても充実した授業となりました。

 

 

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。