調理・製菓学科が2019年度 卒業作品展を開催しました

調理・製菓学科が2019年度 卒業作品展を開催しました

2020年1月24日(金)、調理・製菓学科の2年生による卒業作品展が開催されました。

調理・製菓学科ではこれまでの学びの成果を披露する場として、毎年1月に卒業作品展を実施しています。
卒業を控えた学生たちは、2年間で学んだ「食」に関する知識や調理・製菓・テーブルコーディネートのテクニックを最大限に活用し丹精を込めて作成しました。

 

当日、展示された作品は教職員による厳正な審査の結果、学長賞をはじめとする、受賞作品が決定しました。
また、学内から学外まで大変多くの来場客があり、個性溢れる色とりどりの作品の数々を楽しみながら投票にもご参加していただき、その中から一番多くの票を集めた作品を賞する一般人気投票賞も設けました。

 

【各コースの展示内容】
▶調理コース:自ら設定したテーマに沿って料理内容を考案し、器・飾りつけまで自分たちの感性で作品を作り上げる
▶製菓コース:自らデザインしたウェディングケーキを飴・マジパン・チョコレート・砂糖細工などの技術で作り上げる
▶フードコーディネートコース:”映画の世界”をテーマに、自ら設定した映画のイメージを料理・器・食空間を含むテーブルコーディネート作品で表現

 

すべての入賞作品をご覧になりたい場合は、大学ホームページをご覧ください。

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。