調理製菓学科 調理コースが2年生対象の「製菓特別授業」を実施(苺とレアチーズのシャルロット)

調理製菓学科 調理コースが2年生対象の「製菓特別授業」を実施(苺とレアチーズのシャルロット)

調理・製菓学科 調理コースでは2021年5月19日(金)、2年生を対象に「製菓特別授業」を実施しました。
当日は、大阪北浜に本館をもつ洋菓子の有名店である有限会社 五感の高橋祥之氏と稲井菜月氏を講師にお迎えしました。

 

授業では、「苺とレアチーズのシャルロット」というフレッシュの苺をふんだんに使用した苺のムースとレアチーズが2層になっているケーキを作成していただきました。シャルロットとは周りをビスキュイ生地で囲んだ様子がシャルロットという女性がかぶっていた帽子の形に似ていたことから付けられたフランスのお菓子です。

 

高橋氏によるデモンストレーションの中では、調理法、温度管理、製菓の繊細な作業工程などについて丁寧に指導をしていただき、学生たちは、熱心にメモを取りその後実際に実習を行いました。

 

普段の製菓実習とはまた違って、有名店のシェフに直接ご指導いただき、学生たちにとって貴重な経験となりました。
また、技術的な事だけでなく、製菓理論も学べて非常に有意義な1日となりました。

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。