食物栄養学科は廿日市市の魚食普及事業を応援します。Part2!!

食物栄養学科は廿日市市の魚食普及事業を応援します。Part2!!

「広島サーモン」についての続報です。
11月26日に食物栄養学科の学生たちは、ニジマス養殖が行われている万古渓(広島県廿日市市)の観光センターを訪問しました。
ニジマス養殖について、ふ化から始まり出荷サイズまで育てる大変さを学び、この訪問を通して開発する料理や加工品のイメージを膨らませました。新鮮さが特徴の広島サーモンですが、私たちは刺身以外の食べ方として“Lox”と呼ばれるスモークサーモンに似た加工品を試作し、様々な料理の素材として試作を繰り返しています。

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。