3組の模擬挙式「TOITA Wedding ceremony2021」を7/25(日)オープンキャンパス内で開催します。

3組の模擬挙式「TOITA Wedding ceremony2021」を7/25(日)オープンキャンパス内で開催します。

戸板女子短期大学は、服飾芸術科の学びの一環として「ウエディング・セレモニー」を受講する服飾芸術科1年生90名が3グループに分かれて、20代、30代、40代を想定した3組の模擬挙式を2021年7月25日(日)の戸板女子短期大学オープンキャンパス内で開催します。

戸板女子短期大学 服飾芸術科 ウエディングモデルではブライダル企業の現地見学やドレススタイリストによる実践指導を中心に、ウエディング業務を総合的に学習しています。

職場で必要とされるビジネスマナーや敬語の遣い方、プレゼンテーション演習やホスピタリティ総論、サービスの心理学など様々な科目を通してホスピタリティの本質や表現手法も併せて学んでいます。

当日は、戸板ホールで、学生たちがウエディングプランナー、ドレススタイリスト、ヘアメイク、音響照明、プレス、カメラ、ブライズメイド、新婦の役割を分担し、全員一丸となって「模擬挙式」を制作します。

またブライダルミュー様のドレス衣裳のご協力や安東徳子先生をはじめとするスペシャリストの各講師と一緒に夢と希望が溢れるウエディングの世界をエンターテイメント性豊かに表現します。

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。