【授業のひとコマ】総合文化学科―基礎ゼミナール

【授業のひとコマ】総合文化学科―基礎ゼミナール

12月1日(木)、総合文化学科1回生「基礎ゼミナール」の授業内でフィールドワークを計画し、京都市動物園へ行きました。
京都市動物園は、大正天皇の結婚を記念して東京の上野動物園に次いで明治36年(1903)に開園された日本で2番目に古い動物園です。
華頂短期大学からも近く、また園がある岡崎は琵琶湖疏水が流れ、動物園に向かいながら京都の近代化を支えた場所であることも確認できました。
この歴史ある園でどのようなフィールドワークが行うのかは、学生自らテーマをもうけて事前学習に取り組みました。
フィールドワーク当日は暖かな晴天に恵まれ、初めて京都市動物園に来園した学生も多く、皆、童心にかえって園内を見学しました。
「ゴリラの一家が可愛かった」、「太平洋戦争中、動物たちに起きたことを知り考えさせられた」など様々な感想が寄せられましたが、今後は事前学習で調べたことへの理解を深めると同時に、フィールドワークをふまえた事後学習と発表に取り組んでいきます。

2019/09/02以前の掲載記事については、各短大HPからご覧ください。