クラウドファンディングの返礼品をデザイン

クラウドファンディングの返礼品をデザイン

造形短期大学部を今春卒業した学生5 人が、福岡を拠点に活動するダンスカンパニー「CKK 」のクラウドファンディングの返礼品をデザインしました。

 

新型コロナウイルスの感染拡大で上演が延期となる中、運営の継続に加えて福岡における舞台芸術のさらなる活性化を図りたいと、本学部に依頼されたものです。

 

学生たちは、「CKK 」が行うダンスパフォーマンス「ハジマリ」から、踏み出した最初の一歩や日の出、朝日をイメージしながらデザイン。プレゼンテーションを重ねて、シューズ入れとしても活用できる巾着袋のほか、トートバッグやTシャツなど計100 個を制作しました。