ビジネスキャリア学科の学生が宅地建物取引士試験に合格しました

ビジネスキャリア学科の学生が宅地建物取引士試験に合格しました

ビジネスキャリア学科2年生の高林直希さんが、令和元年度宅地建物取引士資格試験に合格しました。

高林さんはビジネスに関する専門知識と、プレゼンテーション力などの実践力を身につけたいと本学のビジネスキャリア学科に入学しました。勉強を進める中で不動産関係の仕事に興味を持ち、昨年住宅販売の会社から内定をいただきました。

その内定をきっかけとして不動産販売に必要とされる「宅地建物取引士資格試験」の受験を決めたそうです。そして短い準備期間にもかかわらず計画的に勉強を進め、昨年10月に行われた試験に見事合格しました。

 

今後は本学で学んだことや取得した資格を活かし、お客様に喜んでもらえる住宅を提供することを通して街づくりをしてみたいと意気込みを語ってくれました。

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。