四国大学が「令和2年度消費者支援功労者表彰」で内閣府特命担当大臣表彰を受賞しました

四国大学が「令和2年度消費者支援功労者表彰」で内閣府特命担当大臣表彰を受賞しました

四国大学が「令和2年度消費者支援功労者表彰」で内閣府特命担当大臣表彰(団体)を受賞しました。
これは、消費者利益の擁護・増進のために各方面で活躍している個人と団体を表彰する制度として、消費者庁が平成23年度より実施しており、大学が団体受賞をするのは、全国で初めてのことです。

本学は、徳島県と平成25年7月「消費者教育の充実等のための連携に関する協定」を締結し、人的資源の相互交流や、徳島県が実施する消費者教育に関する事業について、次のとおり連携・協働を積極的に推進してまいりました。
1.地域におけるエシカル消費普及のための消費者教育への参画
2.学生の積極的な活動
3.高校生に向けたエシカル消費普及の機会拡大

このうち、「消費者教育プログラム」の開講や人間生活科学科学生を対象に「消費生活アドバイザー」と「お客様対応専門員」の資格取得を目指すことができるカリキュラムを編成し人材育成に貢献したこと、消費者市民社会の構築に向けて、学生が果たす役割を自覚するための体験的な学習を実践していることなどが評価され、今回の受賞に至りました。
なお、ライフプランニングや消費者教育を専門とする、本学短期大学部ビジネス・コミュニケーション科の加渡いづみ教授は、平成29年度同賞(個人)を受賞しております。

※消費者庁掲載ページ:
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_education/public_awareness/

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。