四国大学ゴールデンZクラブが勝浦町でみかん収穫支援ボランティアを行いました

四国大学ゴールデンZクラブが勝浦町でみかん収穫支援ボランティアを行いました

令和2年12月20日(日)、学生ボランティア組織「四国大学ゴールデンZクラブ」の会員20名が、他大学や勝浦町地域おこし協力隊、地元の人たちとともに、勝浦町でみかん収穫ボランティアを行いました。
当日は、日当たりのよい斜面でみかんを次々と収穫し、その量はコンテナ114個分(約1.8トン)となりました。
クラブでは、毎年数回みかん収穫ボランティアを継続し、地域貢献をめざして労働の喜びと大変さを実感しています。

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。