幼児保育学科と附属幼稚園との合同保育を実施しました

幼児保育学科と附属幼稚園との合同保育を実施しました

2021年5月20日、青森中央短期大学ビオトープサークルと認定こども園青森中央短期大学附属第一幼稚園による合同保育を実施しました。

学生と園児は、キャンパス内のビオトープで「アメンボ」を観察したり、タンポポを摘んだりして交流しました。

学生たちは、園児たちに寄り添いながら、自然を活用した保育を学び実践していました。

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。