第7回目 こども造形教室を開催しました

投稿日:2019年2月5日

千葉経済大学短期大学部

「エリック・カール」はその色鮮やかな絵を通して、「楽しみながら学ぶ」という喜びを子どもたちに届けた作家です。絵本『はらぺこあおむし』は、世界中で1億1800万冊以上が子どもたちの手に渡り、日本でも人気のある絵本作家として知られています。1月19日、土曜日に開催した第7回目のこども造形教室は「エリック・カール『はらぺこあおむし』~絵本作家に変身しましょ!~」というテーマで開催しました。

 

絵本の読み聞かせからスタートした造形教室は、ちょっといつもと違った雰囲気……。カラフルな台紙の紙を選び、まるでエリック・カールの絵本から飛び出してきたような赤・青・緑系統のドローイングペーパーをハサミで自由に切り取って貼っていく創作体験!完成した作品はラミネーターで完全保存バージョンに仕上げて「お持ち帰り」。子どもたちの作品は、エリック・カールの絵本のような美しい世界に変身していました。ちょっとびっくり!びっくり!です。

 

【参加者の声】
・エリック・カールのようなむしを作ってみました。きれいにできました(園児)

・紙の色が本当にきれいでした。どうやって作ったのか?教えてください!(小2)

・フィナーレの「はらぺこ・ぺこぺこ」の歌が最高でした。5月の教室も楽しみですね。(保護者)

・エリック・カールのようなものが子どもたちにできるのかちょっと不安でしたが、こども達の発想が本当にスゴイ!実習の参考にもなりました。(サポート学生)

・楽しい教室でした。最後の歌も最高でした。次のサポートも楽しみにしています。(サポート学生)

こども造形教室は近隣の子ども達を集めて行う本学独自の行事です。年6~7回、土曜日に開催しARTおどろくエキサイティングな図工の時間を提供しています。次回は、新年度の5月の土曜日に開催予定!「春の缶バッチまつり!」と題して、オリジナル缶バッチの制作と3つの楽しい創作体験が味わえる、まるでお祭りの縁日に来たような造形教室です。こうご期待を!2019年の日程はHP等でお知らせしていきます。