短期大学への入学方法

短期大学への入学方法には、AO入試、推薦入試、一般入試などがあります。なお、大学入試センター試験を使った 入試を利用した短期大学もありますので、学生が目指す短期大学の入試要項を確認してください。

入試スケジュール

AO入試について

AO入試は、成績だけでなく受験者の意欲、適正などを評価する入試方法です。 学校長推薦を必要としない代わりに、他校と併願できない形(専願)となっているものがほとんどです。 AO入試を実施する短期大学によってAO入試の仕組みが異なるので、受付開始時期やオープンキャンパスへの参加要件の有無など確認が必要です。また、自己PR入試や体験授業型入試など、名称も短期大学毎に異なりますので注意が必要です。早めに対策を講ずることが求められていますので、生徒、教員、保護者一体となった取り組みが必要です。

推薦入試について

推薦入試は、特定の高校の生徒のみが受験できる指定校制推薦と、 資格や条件を満たすことで受験可能な公募制推薦の二つがあります。 また、公募制推薦には、学校長の推薦が求められる一般推薦、必要としない自己推薦など、さらに細かい種別があります。 出願するには、高校の成績から算出した評定平均値で一定数値以上を超えるなどの条件をクリアしなければなりません。 また、調査書や推薦書の作成などがありますので、早めに高校の先生に相談してください。

一般入試について

1月から3月にかけて行われる学力試験を中心とした入試方法です。学力試験の科目数には幅があるものの、 国語と英語を中心に、志願する学科に合わせた内容となっています。短期大学によっては大学入試センター 試験を利用した入試を行っている学校もありますので注意が必要です。必ず学生が目指す短期大学の入試要項を確認してください。