短期大学の学費
・生活費

4年制大学より経済的!

短期大学の多くが2年制(一部、3年制)となっています。4年制大学に比べて短期間で社会に出ることができ、 その分、学費も抑えることができます。経済的に苦しい中でも、短期間に教養や専門教育を しっかりと身につけたいという学生向けの身近な大学(高等教育機関)と言えます。

※平成27年度 文部科学省調査

入学金 246,053円
授業料 695,410円×2年間
施設設備費 171,545円×2年間
学費合計 1,979,963円

自宅から通いやすく、生活費も節約可能

短期大学は全国各地に設置されているため、自宅から通える学校もたくさんあります。 自宅から通えることによって、食費、アパートなどの住居費といった生活費も抑えられます。 短期大学生の約8割が自宅などから通学しています。

奨学金などの支援制度

短期大学では独自の奨学金制度や教育ローンなどの支援制度を設け、学習しやすい環境づくりに取り組んでいます。
また、日本学生支援機構の奨学金貸与制度や各都道府県や各市町村、民間、団体による奨学金制度を利用することもできます。 なお、国による所得に応じた新たな奨学金給付制度が創設されていますが、現在の奨学金の中にも、返還する必要がないものもあります。 奨学金のいくつかは高校生のうちに申し込む必要がありますので、必ず高校の進路担当の先生とも よく相談して、短期大学で高等教育を受けられるように調べてみてください。