「本場のインドカレーを学ぼう」を開催しました。

令和元年6月29日(土)、国際交流や異文化体験をすることを目的に本学学生22名が、本場のインドカレーについて学びました。講師は名古屋国際センターが企画するNIC地球市民教室に登録している小久保シュヴァ氏が担当されました。
実習での献立はダヒチキンやミックスベジタブルカリなど本場のインド料理でした。また、インドの食文化や伝統舞踊等に関する講話などもあり参加した学生たちは、食を通じてインドへの興味や理解を深め、さらに諸外国への興味を持つきっかけとなりました。

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。