【調理師専修科】甘長とうがらしメニュー開発

【調理師専修科】甘長とうがらしメニュー開発

明徳短大にある調理師専修科の畑で甘長とうがらしを栽培しています。

みんなで種をまいて、みずをやって、見守って(笑)…こんなに大きくなり、いっぱい収穫できました。

 

7月28日「甘長とうがらしメニュー試食会」のレシピを、この明短産を使って考案中です。どんなメニューができるかは当日のお楽しみ!

当日は料理研究家の近藤路子先生の講義もあります。

 

 

【甘長とうがらしについて】

開発に使用する「甘とう美人」は愛媛県の今治市(玉川・大西・乃万地区)で主に栽培されています。果肉はやわらかくて風味がよく、苦みや辛味が少なく、食べやすい品種です。

 

 

【開発日程】

(済)6月10日  グループワーク(各班3品程度レシピ考案)

(済)6月17日  課題料理作成・レシピ作成

(済)7月1日    課題料理試作1回目

(済)7月8日    料理レシピ変更・注文表提出

7月15日  課題料理試作2回目

7月28日  甘長とうがらしメニュー試食会

 

 

【改組のお知らせ】

※2022年4月のライフデザイン学科調理ビジネスコース新設(予定)に伴い、2022年度入学生よりライフデザイン学科スイーツ・カフェコースと調理師専修科[1年制]の募集を停止します。

 

2019/09/02以前の掲載記事については、オリジナルサイトからご覧ください。